概要

1.遺言書を作成しておくことで,遺された親族間のトラブルを避けることができます。

2.ご意向を伺った後,当事務所から遺言書の作成案を提示するので,納得の上で作成できます。

3.自筆証書遺言の法務局保管制度(令和2年7月10日施行)の保管申請支援も行います。

4.法務局に保管した遺言書は,公正証書遺言と同様に,家庭裁判所の検認が不要です。

5.作成した遺言書を,公正証書として残すこともできます。ご相談ください。

主な費用

基本報酬

報酬内容金額(税別)
遺言書相談3,000円(90分まで) ※4
お見積り無料
基本報酬 ※1
(評価額1,000万円まで,財産を承継させる相続人3人まで)
45,000円
Web予約割引 ※2-2,000円
ご自宅訪問相談割引 ※3-3,000円
出張可能エリア沖縄県内全域
(離島は旅費等につき要実費)

※1 法務局への遺言書保管申請支援を含みます。

※2 初回相談をこちらからWeb予約した場合,基本報酬から割引致します。

※3 初回相談から成果品引渡しまで,ご自宅で行う場合,基本報酬から割引致します。

※4 当事務所と遺言書作成と保管申請に関する契約の締結後は,不要です。

追加報酬・実費

区分追加報酬(税別)実費
法務局への遺言書保管申請手数料3,900円
登記簿謄本取得1通 400円1通 500円程度
戸籍謄本等・住民票取得
評価証明書取得
名寄帳取得
+10,000円戸籍謄本 1通450円
除籍謄本 1通750円
その他 1通300円程度
財産の評価額1,000万円を超える場合+評価額1,000万円毎に5,000円を加算
財産を承継させる相続人が3人を超える場合+相続人1人毎に5,000円を加算
尊厳死宣言証書を作成する場合+15,000円
郵便切手等郵便局

・緊急又は特に複雑等の特別事情がある場合は、上記の概算費用に該当しないことがあります。

こんなときに遺言書はおすすめです

・子がいないため,配偶者と兄弟姉妹が共同相続人となりそう

・身寄りの人がいない

・収集品を,大切にしてくれる人や団体に寄付をしたい

・介護の必要な人の世話をしてほしい

・子ではなく孫や第三者にあげたい

・ペットの世話を第三者に依頼したい

・事業承継者に,事業財産全部をあげたい

・子に音信不通・行方不明の者が含まれる

お気軽にお問合せください。0120-312-560受付時間 9:00~17:00
[ 土・祝除く,日曜日は15時まで ]

お問合せ Web・電話で予約