離婚合意書

注意事項
この書式リストは当事務所の備忘録です。
イメージはAmazon.co.jpアソシエイトへのリンクとなっています。
利用したことにより発生する損害に対し、一切責任を負うことはできません。
表紙概要
9784539726617標題離婚協議書1630
紛争離婚等請求
Files.docx
標題離婚に伴う慰謝料養育費等につき連帯保証人に付ける場合1634
標題離婚に伴う新戸籍の編製について定める場合1635
標題離婚届の提出について定める場合1636
標題子が数人ある場合について,それぞれ別の者に監護をさせる場合1636
標題子の面会について定める-面会交流の日を特別に定める場合1636
標題子の面会について定める-子が自らの意思で面会することにつき事前に許す場合1636
標題子の面会について定める-宿泊を伴う面会交流について定める場合1637
標題子の面会について定める-子が一定程度の年齢に達した後に面会交流を認める場合1637
標題子の面会について定める-面会交流の実施につき子の福祉尊重を注意的に規定する場合1637
標題金額・支払期間を変更する-子の年齢に応じて,養育費の金額を増減させる場合1638
標題金額・支払期間を変更する-大学等の卒業時まで支払うとする場合1638
標題金額・支払期間を変更する-特定月のみ増額とする場合1638
標題金額・支払期間を変更する-一括で養育費を支払う場合1638
標題金額・支払期間を変更する-養育費の負担を求めない場合1639
標題金額・支払期間を変更する-子が複数いる場合1639
標題金額・支払期間を変更する-子の中学校および高校への入学金を期限までに支払うものとする場合1639
標題金額・支払期間を変更する-乙が再婚した場合には養育費の支払いを免除する場合1639
標題金額・支払期間を変更する-学費等については今後の協議に委ねる場合1639
標題過怠約款を定める場合1640
標題不動産の財産分与について定める-土地を財産分与として譲渡する場合1640
標題不動産の財産分与について定める-住宅ローンが残る不動産を分与し,残ローンは甲が支払う旨を約する場合1640
標題不動産の財産分与について定める-住宅ローンが残る不動産を分与し,残ローンは乙が免責的に債務引受する場合1641
標題不動産の財産分与について定める-不動産の売却資金を按分する場合1641
標題不動産以外の財産分与について定める-銀行預金を財産分与として譲渡する場合1641
標題不動産以外の財産分与について定める-自動車を財産分与として譲渡する場合1642
標題不法行為による損害賠償請求については清算条項から除外する場合1642
標題仲裁者をあらかじめ定める場合1643
標題いずれかの住所地を管轄する裁判所にする場合1643
標題1通のみ原本を作成し,当事者の一方は写しのみを保管する場合1643
標題住所地や連絡先が変わった場合は,遅滞なく他方へ連絡することとする1644
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-謝罪文言を入れる1644
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-遅滞なく公正証書(執行証書)を作成する1644
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-いずれかからの請求があった場合には公正証書(執行証書)を作成することに応じることとする1645
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-年金分割について規定する1645
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-慰謝料の支払いがある場合(一括払い)1645
標題契約をめぐる各種取扱いについて定める-慰謝料の支払いがある場合(分割払い)1645
標題費用の負担について定める1646
標題準拠法を日本法と定める1646
9784426122515標題協議離婚合意書293
標題子についての離婚契約書301

前の記事

離婚調停申立書New!!

次の記事

離婚届New!!